• Home
  • TOP
  • サービス
  • 事例
  • お役立ち資料
  • セミナー
  • ブログ
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    業種

    営業代行,営業コンサルティング業

    事業内容

    営業代行なら、実績600社、3000事業部のセレブリックス。
    戦略に長け、ノウハウを持ったプロフェッショナルの営業コンサルティングメンバーが、営業戦略の立案から現場営業の代行までを包括的に推進する戦略的な営業代行を実現

    優良な顧客からのお問い合わせが6倍に増加!
    リリース後3ヶ月半で 「営業代行」の検索順位が大幅アップ!

    ヒアリングから見えた課題

    もともとのサイトの弱点として、サービス内容がわかりづらい、いわゆる、何をしてくれるのかがわかりづらいページとなっていました。また、サイトへの流入が「営業代行」というキーワードを中心としていながら、提供するサービスはより戦略的な部分に主眼を置いているため、そのギャップを埋めることが、リニューアルにおける課題として浮かび上がってきました。

    ターゲットごとにゴール設計をし、それぞれで設計・目標を用意

    検索ボリュームの調査などから、あくまでも集客の中心は「営業代行」というキーワードであるという前提のもと、そこから流入したユーザーが課題を認識できるようにする流れを作ることをいちばんのポイントとして設計を進めました。 営業代行といえば、人員の派遣をイメージすることが多いのですが、営業戦略も含めたプロの営業によるコンサルティングという方向へ、段階を追って広げていけるように考えました。 その中で、サービス内容がきちんと伝えられるような工夫を施していきました。図版を使用してサービス内容を明確にし、担当者の写真を掲載し現場の声を伝えることで、訴求力を高め、サービスの理解の向上を目指しました。

    コラムの展開

    セレブリックス様のサービスは、いわゆる無形商材で、ヒトが中心にあるものです。そのため、どれだけ信頼性を強調できるかがひとつの課題でした。 そこで、メンバーの皆様にノウハウを披露するコラムを書いていただき、それによって訪問者の信頼を勝ち取れないかと考えました。 コラムの展開は、同時に新たな流入を生むSEO対策としても活かせるので、このWebサイトの生命線とも言えるコンテンツです。

    営業塾をベースにしたり、新たに書き起こしていただくなど、「漫然とした課題を抱えているユーザー」に対して訴えられるテーマを展開します。

    お問い合せ内容の質の向上

    サービス内容を明確にすることで、逆にニーズとマッチしないお問い合わせを減らし、無駄な対応コストを減らすという意図もありました。

    これらの施策の結果、上流案件の獲得と共に受注単価・利益率UP、お問い合わせ数がこれまでの2倍、優良案件の問い合わせが6倍という数字を残すことができました。また、「営業代行」で取りこぼしていた顧客のニーズを拾うべく、「営業コンサルティング」のサービスページも作成したことが営業コンサルティングに関するお問い合わせが増加。顧客からの相談の幅が広がりました。 顧客からの相談の幅が広がったことも、弊社としては感謝しているポイントとなっております。