• Home
  • TOP
  • サービス
  • 事例
  • お役立ち資料
  • セミナー
  • ブログ
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    会社名

    株式会社アプラス

    事業内容

    ショッピングクレジット事業、カード事業、決済事業

    きっかけ

    効率的で効果的な新しい営業方法を模索していた。

    決め手

    BtoBに特化し実績が豊富であること、社内調整の支援があったこと。

    効果

    お問い合わせ数が2倍になり、社内の意識も変わり始めた。

    サービスサイト

    1.Webサイトリニューアル前の課題

    限られた購入タイミングで出会うためのWebサイト

    - まずリニューアルされたキッカケを教えていただけないでしょうか。

    <鈴木さん>
    弊社が扱っている決済代行サービスはシステムの導入をゴールとしていて、何度も買ってもらうものではなく、購入のタイミングが非常に限られています。

    そのタイミングでお客様と出会うために、人海戦術で旧来のローラー営業を行うことは非効率であり、より効率的で効果的な新しい営業方法を行うことが課題でした。

    プッシュしていくよりも、ニーズがあるところにマッチさせていく商品なので、テレビ広告や雑誌広告もイマイチ。そんな中で浮上したのが、Webサイトでした。

    それまでもWebサイトはありましたが、積極的に情報を発信するレベルまでは使えていなかったため、もっとWebを活用していくべきではないか、という声が上がりました。

    結果が見えるため周りを説得しやすいWebサイト

    新しいことをするには結果を見せて周りを説得する必要があります。その点、Webサイトは効果検証が非常にロジカルにできるので、結果が見えやすく、周りを説得しやすかったというのが大きいです。

    2.ガイアックスを選んだ理由

    結果を共有して一緒に考えていける会社を探していた

    - そのような状況からガイアックスを選ぶまでのプロセスを教えていただけないでしょうか

    <鈴木さん>
    それまでも制作会社さんとは色々とお付き合いがあったのですが、今回のリニューアルは「作品」を作ることではなく、「結果を共有して、次にどういうことができるかを一緒に考えていける会社」が良いと思っていました。

    できるだけ多くの選択肢の中から希望にあった製作会社さんを見つけるため、Webで検索したり、展示会に行っていくつか会社を見た中でガイアックスさんに出会いました。

    BtoBの実績と、BtoBならではの視点

    <鈴木さん>
    いくつかの会社で検討したのですが、BtoBの実績があるかは一番こだわりました。

    制作会社さんに話を聞くとたくさんのノウハウを教えてもらえるのですが、コンシューマ向けの話ばかりで。いかに作るか、いかに一般のお客さんを集客するか、ではない視点が欲しかったんです。ガイアックスさんがBtoBに特化していたのはありがたかったですね。

    また、Webサイトを作った後もチューニングをしていかないとダメだろうという漠然とした考えはあったのですが、そうした“もやっと”したものを言葉できちっと説明していただいただけでなく、社内調整に使える形で落としてくれたのがガイアックスさんでした。

    3.Webサイトリニューアルの効果

    セールスの件数だけでなく、質も向上

    - リニューアルの効果や社内の変化を教えていただけないでしょうか。

    <松村さん>
    お問い合わせ数は2倍以上になりました。

    また、相談内容もより具体的なものになって、セールスの件数が増えただけでなく、的が絞れるようになったので営業がしやすいですね。

    効果が出て、営業メンバーの理解や協力も以前よりはるかに得られるようになりました。

    4.今後の展望

    営業を巻き込みながら、Web施策の精度を上げる

    - 今後取り組みたいことを教えていただけないでしょうか。

    <松村さん>
    お問い合わせ件数がかなり増えて、これぐらいの件数だとこれぐらいの成約がある、ということがわかってきました。その数字をもとに、Web経由の案件の打数と打率、両方を高めるようにしていきたいです。

    <鈴木さん>
    やりたい施策はたくさんありますが、私たちだけではWebマーケティングに専任の担当を置いている会社には太刀打ちができないので、ガイアックスさんに外部のマーケティング部門的にフォローをしていただけるとありがたいです。

    <松村さん>
    あと、これをやって数字がこうなりました、という結果だけでなく、こういう手はずを踏むとこういう理由でこうなります、というように噛み砕いて説明してもらえるので、そこまで言っちゃうのか、というか非常に気前が良いなと。業界の小ネタも参考になります。

    先日の定例会議でお話いただいた「リードナーチャリング」は社内でも非常に盛り上がっているので、その辺りも教えてもらいながら今後検討していきたいところです。

    お忙しい中、貴重なお話しをありがとうございました。