• Home
  • TOP
  • サービス
  • 事例
  • お役立ち資料
  • セミナー
  • ブログ
  • MARKEiT ブログ

    プロも使ってる?!今すぐ使える実用的でオシャレな和文・欧文フリーフォント7選!

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    2014月8月05日

    内容を正確に伝える必要のあるBtoBのWebサイトは、何よりも「読みやすさ」が求められます。その読みやすさに大きな貢献をするのがフォント。
    強調したい箇所に使うことで閲覧者の目線を誘導したり、インパクトを残したり、さまざまな用途に活用できます。
    今回はBtoBのWebサイトで最も重要といえる「フォント」を、オシャレで商用可能なフリーフォント7選としてご紹介します。

    ※この記事は旧ブログ「INBOUND marketing blog」から移行したものです。

    日本語フォント M+ OUTLINE FONTS

    ゴシック体の和文フォント。文字の太さが一番細いThinから極太のBlack まで7種類のウエイトバリエーションがあり、直線的かつ細めのデザインなのが特徴。今流行のフラットデザインにも相性が良く、簡単に今風のサイトデザインにでき、細いウエイトにすることで日本語でも美しいデザインが保てます。 (なお、圧縮ファイルはtar.gz形式なので別途、解凍ソフトが必要)

    かな文字(ひらがな・カタカナ)、数字、アルファベット、記号、教育漢字、常用漢字、第一水準漢字

     

    日本語フォント ロゴたいぷゴシック-コンデンスド

    少し縦長のスマートなデザインでゴシックを基調とした和文フォント。文字の角がほんの少しラウンドしているのが特徴です。ひらがなは曲線が美しく、カタカナも角が丸みを帯びていることで、M+ OUTLINE FONTSに比べスッキリとしたデザインで、文章などにしても読みやすく、読む人にソフトな印象を与えます。

    かな文字(ひらがな・カタカナ)、数字、アルファベット、記号、教育漢字、常用漢字、第一水準漢字、第二水準漢字(途中まで完成)

     

    日本語フォント 花園明朝A

    標準的な明朝体で、漢字はWindows搭載のパソコンなら必ずインストールされているMSP明朝と変わりません。しかし、ひらがなとカタカナについては、MSPゴシックよりも若干太く力強いので、とても読みやすくなっています。

    文字種はISO/IEC 10646およびUnicode標準に収録されている90,041字にも及ぶので、困ることはありあません。

     

    日本語フォント えり字

    手書き風の日本語フォント。独特なくせ字ですが、手書き風のフォントで漢字も使えるフォントはなかなかないので、あえて手書き風に見せたいときにはとても便利です。 普段、Webサイトを制作する上で、手書き風のフォントを選ぶことは少ないですが、目をひきたい箇所に持ってくると効果的です。

    ひらがな、カタカナ、英数字、記号のほか、常用漢字も収録

     

    欧文フォント Source Sans Pro

    Adobeシステムズが初めてリリースした欧文フォント。サンセリフ書体で作られており、ウエイトもExtra LightからBlackまで6段階まであります。PhotoshopやIllustratorなど、グラフィックス系のソフトウェアを開発している企業が作るフォントなので、デザインに対する意識は高く、やはり洗練されたフォントデザインになっています。

    縦長のプロポーションですっきりとして見やすく、デザインに癖がないので、様々な場面で使っても他のフォントと喧嘩することなく収まりが良いのが特徴です。

     

    欧文フォント Pontus Sans

    「W」のデザインが特徴的なゴシック系欧文フォント。こちらもSource Sans Proと同じくサンセリフ書体ですが、Source Sans Proよりもやや横幅があり、ロゴをデザインするのにも使えそうなフォントです。

    欧文フォント Goudy Bookletter 1911

    オーソドックスなセリフ書体の欧文フォント。デザインコンセプトは1900年代初頭に実際本、雑誌などで使われていたフォントをモチーフにしているそうです。 古きよき時代を感じさせるデザインは、エレガントな雰囲気を出したい時にお勧め。タイトルや見出しに使用すると雰囲気が出ていいですね。

     

    最後に

    有名な有料フォントはもちろん素晴らしいですが、無料フォントでもデザインが洗練されていて品質の良いものがたくさんあります。サイトに合わせて最適なフォントを選ぶことがWebサイト設計、UI(ユーザインターフェース)設計や、UX(ユーザーエクスペリエンス)設計には欠かせないでしょう。

    なお、フォント選びやデザインを含め、「お問い合わせを獲得する」Webサイトの設計の詳細はこちらで紹介していますのであわせて読んでみてください!

    ガイアックスではお問い合わせ中心の効率的な営業を実現するBtoBに特化したWeb制作・運用支援をご提供しています。見込み顧客を獲得するWebサイト制作・リニューアルについてお気軽にお問い合わせください。