• Home
  • TOP
  • サービス
  • 事例
  • お役立ち資料
  • セミナー
  • ブログ
  • MARKEiT ブログ

    ABテスト事例-バナー内文言の変更で資料ダウンロード数4倍

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    2013月1月16日

    社内で実践したWebサイト改善施策の中から、効果の高かったものをお伝えします。今回はバナーデザインのABテスト事例です。

    Webからのリード獲得数を増加させるために社内でも日々、Webサイトやブログ、ランディングページを改善しています。
    目標達成に向けてサイト改善を繰り返す中で、自信を持って改善したものが、蓋を開けてみると改善する前よりも効果が悪かった…という経験も過去に1度や2度ではありません。
    仮説が外れてしまう経験を何度かした後に社内で頻繁に使うようになったのが、今回ご紹介するABテストです。

    BtoBでは、Webからのリード獲得数を目標にしているサイトが多いと思いますが、今回はリード獲得の中でも資料ダウンロード数を増やすために実施したABテストをご紹介します。

    ※この記事は旧ブログ「INBOUND marketing blog」から移行したものです。

    結果サマリー

    ■Aパターン:『無料資料プレゼント!』を目立たせたパターン

    【資料ダウンロード数】15件/月
    【クリック率】0.35%

    ■Bパターン:具体的な資料名を目立たせたパターン

    【資料ダウンロード数】62件/月
    【クリック率】1.41%

    A/Bテストの内容

    ゴール

     

    月間のリード獲得目標から必要な資料ダウンロード数を逆算。資料ダウンロード数を増やすこと、そのためにバナークリック率の向上を狙いました。

    仮説

    ・資料ダウンロード数を増やしたかったが、ブログ記事下のバナーのクリック率が低く、資料ダウンロード件数が少ない
    ・バナー内の文言が「無料資料プレゼント!」では、どんな資料が提供されているのかわからないのではないか

    施策内容

    ・バナー内の文言を「無料資料プレゼント!」ではなく、具体的な資料名「インバウンドマーケティングを実践するまでの道のりと大切なこと」に変更

    結果

    分析(達成/未達成の要因)

    ・資料ダウンロードページへの誘導数が4倍に増加
    ・結果、資料ダウロード数も4倍に増加
    ・「無料資料プレゼント!」よりも、具体的な資料名にした方が提供される資料をイメージできるため、クリック率が上がるのではないか

    今後の打ち手

    ・バナー文言が同じ資料名のままでは、リピートユーザに飽きられてしまうので定期的にeBookを作成し、バナーを更新する
    ・eBookごとにバナーを作成して、ランダム表示にする
    ・eBookの数が増えてきたら、記事の内容ごとに表示するバナーを最適化させる